スポンサーサイト

2013.05.28 Tuesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    谷将貴と正しいグリップの握り方

    2013.05.28 Tuesday

    0


      うまくなりたいのはやまやまだけれど、何をやってもスイングが改善できず、自分の才能のなさにはあきれてばかりいたとしても、
      のどから手が出るほどほしかった上達の手ごたえをつかみ始め、諦めかけていたスコアアップを想像以上に短期間で達成してしまう方法がこちら





      あなたも、何でもよいからとにかくてっとり早く、

      ↓のようになりたいと思いませんか??


      スイングフォームが安定する

      目標がさらに高度になっていく

      スイングの風切音が切り裂くような音になる

      あっという間にボールがまっすぐ飛ぶ



      飛距離も出ないし方向性も定まらないスイングは、体のどこかに無理をかけている可能性も高く、

      今のスイングを続けていると、いずれ背中を痛めるなどの悪影響が出てくる恐れがあります。


      仮に、飛距離もそこそこ出ていて、方向性もまぁまぁよかったとしても、実は、体に大変な負担をかけていたというケースもよくある話で、

      そんなスイングだと、年を重ねるごとに体へのダメージが強くなってしまい、ゴルフを続けるのが困難になってしまいます。


      ゴルフでは、飛距離・方向性・弾道なんかをきちんとコントロールするために、正しいスイングを身に着けなければいけませんが、

      体への負担を減らして体にダメージを与えないという点でも、正しいスイングを身に着けることが不可欠ではあるものの、

      練習の仕方が悪ければ、どれだけ頑張ってもスイングが上達することはありません。


      間違ったレッスンをいくらつづけても、あなたの努力とは裏腹に、せっかくの練習時間をどぶに捨てるような事態が続くだけで、

      ↓のような悩みも解消されることはありません。


      練習しても上達できず、不満ばかりが募る

      ラウンド中はため息ばかり出てしまう

      ロングホールは2倍はボールをたたいてしまう

      ロングアイアンが上手く打てない





      ゴルフシンプル理論完全マスタープログラムは、時代遅れで再現性に乏しいノウハウが数多く含まれているレッスン法とは違い、

      アメリカへゴルフ留学を行い、最新のゴルフ理論を学んだ谷将貴さんのスイングノウハウを学ぶことが出来るマニュアルで、

      わずか1か月という期間でスコアアップしている人が続出しています。



      谷将貴さんのゴルフシンプル理論完全マスタープログラムで、フェアウェイをキープできる方向感・飛距離が身につく秘訣をこちらでも詳しく紹介しています。






      スポンサーサイト

      2013.05.28 Tuesday

      0
        関連する記事